とんかつ新宿さぼてん アトレヴィ巣鴨店

期間限定メニュー「イベリコ豚ロースかつ定食」を食べた。スペインから直送した厚切りのイベリコ豚ロースかつに、ご飯、味噌汁、...

 
4.0
投稿 2011年8月15日 / 編集 2011年8月15日
期間限定メニュー「イベリコ豚ロースかつ定食」を食べた。スペインから直送した厚切りのイベリコ豚ロースかつに、ご飯、味噌汁、キャベツなどが付いている。ご飯は白米と五穀米から選択できる。

イベリコ豚は独特な飼育法で育てられたスペイン西部原産の黒豚である。イベリコ豚の肉は固めで、よく噛んで味わえる。放牧によって運動をさせながら育てられたイベリコ豚は肉が引き締まっているためである。

他の定食メニューと同様、ご飯、味噌汁、キャベツはおかわり自由である。家庭的なサービスをコンセプトとしているだけあって、空の皿があると、店員の方からおかわりを勧めてくれたり、お茶を注いでくれたりする。嬉しい気配りである。

おかわり自由のメニューは、満腹になって、それほどおかわりできないことが多い。その例に漏れず、ロースかつ定食も、ボリュームのあるロースかつを食べ終わると、満腹になってしまう。但しキャベツはロースかつが給される前の早い段階で出てきたため、先にキャベツをたくさん食べられた。

さぼてんの特徴としてはオリジナルの「すり胡麻ソース」がある。トマトピューレ、リンゴ、にんじん、玉葱などをベースとした独自のソースで、とんかつ用の市販ソースと異なり、ドロドロしていない。味もさっぱりしている。
私は素材の味を楽しみたいタイプであり、ソースで食べるような食べ方はあまり好きではない。しかし、このソースは薄味で、成分の野菜類が肉の脂肪とマッチして美味しく食べられた。
368人が見たよ
このエントリーをはてなブックマークに追加


いいね!(1人)

林田力『こうして勝った』さん

(男性・東京)

林田力『こうして勝った』
▲このページのトップに戻る