焼肉丼 たどん 秋葉原店

開店早々の8月31日に「たどん」でカルビ丼を食べた。「たどん」に行くことになったのは秋葉原無料案内所で薦められたためであ...

 
4.0
投稿 2011年8月15日 / 編集 2011年8月15日
開店早々の8月31日に「たどん」でカルビ丼を食べた。「たどん」に行くことになったのは秋葉原無料案内所で薦められたためである。秋葉原無料案内所はメイドカフェをはじめとする秋葉原の店舗情報を案内してくれる場所で、「秋葉マップ」というカラー地図を配布していた。昼食を食べるにはどこがいいか尋ねたところ、「たどん」を紹介された。

「たどん」は黒壁の店構えで、焼肉屋的な雰囲気を醸し出している。店の看板を見て「たどん」が木炭ベースの燃料である炭団から来ていることが分かった。これは店のロゴに小さく「炭団」と表記されていたためである。

「たどん」では遠赤外線でじっくり焼かれた肉を提供する。厨房に向かったカウンター席のため、炎を上げて肉を焼いている様子が眺められる。カルビ丼は肉がジュージュー言っており、焼け具合が香ばしい。タレも店のオリジナルである。ファーストフードの牛丼とは全くの別物である。

キムチが食べ放題であるのも「たどん」の特徴である。キムチはカウンター上の壺に入っており、セルフサービスで好きなだけ食べられる。水分が少な目のキムチはシャキシャキしており、食べ応えがある。それほど辛くなく、どんどん食べられる。職場が秋葉原ならば、毎日昼食を食べてもいいと思える店であった。
447人が見たよ
このエントリーをはてなブックマークに追加


いいね!(1人)

林田力『こうして勝った』さん

(男性・東京)

林田力『こうして勝った』
▲このページのトップに戻る